新型コロナウイルスの感染拡大から約1年。
介護・福祉従業者によって支えられてきた命や暮らしがたくさんあります。

高齢者や障害者の暮らしに寄り添うケアワーカーの現場からは、
「なかなか休みが取りづらい」「手荒れがつらい」
「ストレスで肌荒れ・・・」「さすがに疲れてきた」
という声が聞こえて来ます。

ケアワーカー自身のケアは、いつも後回し。
だからこそ、いつも誰かを気にかけている
ケアワーカーの困りごとに寄り添った支援ができないか?

そう考えた私たちは、「介護・福祉の現場」と「支援者」を繋ぎ、
ハンドクリーム、化粧品、スイーツなどを送る
#ケアワーカーをケアしよう プロジェクトを立ち上げました。

#ケアワーカーをケアしよう で、できること

#ケアワーカーをケアしよう で、できることの図解

「#ケアワーカーをケアしよう」プロジェクトは、新型コロナウイルスの感染が拡がる中、高齢者や障害者の暮らしを支えている全国の介護・福祉に従事している”ケアワーカー”を支援するプロジェクトです。コロナ禍においても誰かのために頑張っている”ケアワーカー”の悩みごとや困りごとに寄り添うための商品・サービス・クーポンなどを、民間企業や本プロジェクトに共感してくださった皆さまと共に届けていきます。

高齢者や基礎疾患がある方の新型コロナウイルス感染による致命率の高さ、障害者施設での感染対策の難しさなどから、日常的に高齢者や障害者に接するケアワーカーは、仕事上ではもちろん、自身の生活でも人一倍、感染対策を徹底しています。
そんなケアワーカーたちが自分らしく働き続けられる手助けをすべく、彼らの困りごとや悩みに寄り添った商品・サービスなどを提供したいと考えました。

いつも一生懸命なケアワーカーの皆さまへ
少しでもお力になれないかと、多くの方々へお声がけし、たくさんの協賛企業様やサポーターの皆様にご協力頂くことができました。
一人一人の想いが詰まったサポートをお贈りさせて下さい。

私たちは、ケアワーカー対象の調査を実施し、彼らの困りごとや悩みを明らかにしました。
現在、そんなケアワーカーたちの困りごとや悩みに寄り添える商品・サービスなどをご提供いただける企業様を募集しています。

ケアワーカーの困りごと

支援の流れ

ケアワーカーへのサポート

※画像をクリック、もしくは「詳しく見て申し込む」からお申込みください。

プロジェクトへの想い

日常的に高齢者や障害者に接するケアワーカーは、仕事中はもちろん、自身の生活の中でも、人一倍、感染対策を徹底しなければなりません。
コロナ禍において、そうしたケアワーカーの頑張りが、たくさんの命と暮らしを守ってきました。

しかし、コロナの感染拡大が長期化する中で、「さすがに疲れてきた」という声が聞こえてくるようになりました。誰かのケアに本気な人たちほど、自分のケアは後回しにしがちだったり、忘れがちだったり…。

「誰かのケアを頑張る人こそ、まず自分のケアをしてほしい 」そう思い、多くのプロジェクトメンバーや協賛企業のみなさんにご協力頂きながら、「#ケアワーカーをケアしよう」を立ち上げました。本プロジェクトがケアワーカー自身の気持ちや暮らしを、ほんの少しでもケアすることにつながればと思っています。

care for careworkerプロジェクト実行委員会発起人
株式会社Blanket 代表取締役
秋本可愛

秋本可愛のイメージ

支援品提供企業

協賛企業

社会福祉法人和敬会、ぶどうの家、株式会社でぃぐにてぃ、株式会社まこじろう福祉事務所、社会福祉法人薫英会、社会福祉法人芳洋会、ReDo Co., Ltd.、株式会社グッドライフ、株式会社GOBOU、医療法人あんず会

後援団体

一般社団法人全国介護事業者連盟、社会福祉法人全国社会福祉協議会、一般社団法人全国介護付きホーム協会